施工事例集
HOME>節子ママの解体ブログ
簡単入力でラクラク、無料見積もり
スタッフブログ

広沢建設のサービス

  • 住宅解体
  • 家周りのプチ解体
  • 内装解体
  • 外構・エクステリア
  • バリアフリーリフォーム

広沢建設について

  • 広沢建設の特徴
  • 価格表一覧
  • 施工事例集
  • 内装解体業者の選び方
  • 内装解体を安く済ませるポイント
  • 故郷サポート

会社案内

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
インフォメーション
  • 解体工事の流れ
  • 解体のよくある質問
  • 無料見積もり依頼フォーム
  • インフォメーション
施工エリア

半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、西尾市、知立市、高浜市、幸田町、みよし市

節子ママの解体ブログ

古いマッチの場所を辿って。2017.04.24

 

おはようございます。

 

スタッフの林です。

 

 

 

先日、ある解体現場から、古いマッチが発見されました。

 

美浜町や周辺地域のお店の名刺代わりになっていたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この中でも、デザインがかわいらしい「やま」さんを求めて、美浜を歩きました。

 

マッチに記された情報は、「野間大坊前」「茶房」「LE CAFE BUFFET YAMA」というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく野間大坊さんへ出かけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生が描いてくれた地図を参考にしながら大坊さんの回りを歩くと、喫茶店らしき建物を発見しました。

 

近所の方に尋ねてみると、「やま」さんは、おじいさんとおばあさんが営んでいた喫茶店だったとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

古いマッチと店舗、久しぶりの再会を果たしました。

 

 

 

このように、解体現場には今と昔を繋いでくれるものが眠っていたりもします。

 

時代はどんどん新しい方向へと進みますが、こんな風に昔のことを見つめることで、今のこと、今の町や今あるお店を、より愛せるようになるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

解体や見積もりのご相談など、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

ページトップへ

現場にも春が来ました!2017.04.12

 

 

こんにちは!スタッフのアミです。

雨の日も多い春ですが、やっと暖かくなってきました。

 

 

現場の撮影に出かけても、ところどころに花が咲いているのを見ると思わずそちらに目を向けてしまいます。

 

暖かいだけで幸せになるのが春ですよね!

 

 

 

 

 

 

現場では午前10時頃になると休憩をします。

 

この日は女性スタッフも現場撮影を兼ねて出かけたので、一緒に一服。

 

広沢建設は現在、20代~70代のスタッフが働いています。

 

なので、親子どころか孫くらい年齢が離れているスタッフが一緒の現場で働いていたりするのです。

 

 

休憩時間に年代のバラバラな私たちが話すのが、とっても楽しいのです。

いろいろ人生勉強にもなります!

 

 

 

 

 

こちらは4月に入社した新人のしおりさんです。

我社で年齢も一番若いですが、行動力は一番あるかもしれません!

 

4月から広沢建設では「ひろけん新聞」を配布することになりました。

直接私たちがお渡しすることもありますし、美浜町のカフェなどにも置かせて頂いているので、見かけたら是非お手に取ってご覧くださいね。

 

広沢建設のことだけでなく、会社のある美浜町のことなども沢山記事にしています。

 

 

 

 

美浜町は今が桜が満開の時です。

桜を見ると、気持ちが新たになりますね。

 

本年度もスタッフ一同、皆様の生活をサポートできるよう取り組んでいきますので、お気軽にご相談ください。

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

ページトップへ

解体現場での発見。2017.04.05

 

 

おはようございます。

 

四月から広沢建設に入社しました、しおりです。

 

今回は節子ママに代わりまして、ブログをお届けします。

 

 

 

昨日は初めて解体現場のお手伝いをしました。

 

建物の解体の様子をじっくり見ることは生まれて初めてなので、ちょっぴり緊張しました。

 

 

 

工事をしている人たちは、もっと怖い人なのではないかと思っていましたが、まったくそんなことはなく、ほっ。

 

休憩時間、現場のみなさんとお話して、ほっ。

 

とても和やかで、ほっ。

 

 

 

 

 

 

ほっ。

 

 

この写真は昨日の現場に落っこちていた葉っぱです。

 

ふと、ハート形の何かを見つけると、嬉しくなります。

 

 

 

ここからは現場の写真をお届けします。

 

 

 

 

 

 

ここにはどんな家があったのだろうと思いを馳せます。

 

 

 

 

 

 

現場はみなさん一丸となって、作業が進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

仕事に対する思いが、背中から伝わってきます。

 

 

 

そして、現場での発見。

 

それは、この鎮物です。

 

 

 

 

 

 

井戸を埋める際、お供えとして埋められるものです。

 

井戸には神様がおり、今までの感謝を伝え、これからの安全を祈るため、このような鎮物が用いられるのだそうです。

 

 

 

日本の昔ながらの伝統が引き継がれていることに感動しました。

 

この現場に立ち会わなければ、知ることのないことでした。

 

 

 

 

 

さて、この写真の中から何か見つけてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

またまた、ハートの葉っぱ。

 

ハートがいっぱい、いっぱい三つ葉。

 

もしかして、どこかに四つ葉が隠れているでしょうか。

 

 

 

いいえ、今回注目していただきたいのは、鍵らしきもの。

 

先輩スタッフのアミさんが、今日の現場から発掘したものです。

 

なんだか、あれやこれやと物語を想像してしまう古びた金属。

 

いったいこれは何でしょう。

 

 

 

鍵?鍵みたいだけど、ネジ?

 

ううん、正体は謎に包まれたまま。

 

もしご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせください。

 

 

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

解体や見積もりのご相談など、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

ページトップへ

施工事例はこちら

料金表はこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ