施工事例集
HOME>節子ママの解体ブログ
簡単入力でラクラク、無料見積もり
スタッフブログ

広沢建設のサービス

  • 住宅解体
  • 家周りのプチ解体
  • 内装解体
  • 外構・エクステリア
  • バリアフリーリフォーム

広沢建設について

  • 広沢建設の特徴
  • 価格表一覧
  • 施工事例集
  • 内装解体業者の選び方
  • 内装解体を安く済ませるポイント
  • 故郷サポート

会社案内

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
インフォメーション
  • 解体工事の流れ
  • 解体のよくある質問
  • 無料見積もり依頼フォーム
  • インフォメーション
施工エリア

半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、岡崎市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、西尾市、知立市、高浜市、幸田町、みよし市

節子ママの解体ブログ

現場の職人技!2019.02.01

 

 

こんにちは。スタッフのアミです。

 

美浜町で新たな解体工事がスタートしました。

 

上の写真は屋根の瓦を外した後の状態です。瓦は一枚ずつ手で外していきます。

 

土やホコリが立たないよう、水を撒いているところです。

 

 

 

 

工事現場でよく見かける機械で、一般的にショベルカーと言われて思い浮かぶのがコチラだと思います。私も現場で一番よく見ています。

 

車両系建設機械と言い、先端の部分は付け替えることが可能です。

 

 

 

 

 

バケットと言われるもの(左)から掴み機(右)にアタッチメントが変えられました。

 

この掴み機、現場ではフォーク、ハサミ、ツメ、などと呼ばれているようです。

 

私も何度も現場に足を運んでいましたが、付け替える所は初めて見ました。

 

 

 

 

この時もホコリが立たないように水をまきながら作業します。

 

先端が掴み機になったので壁から壊していきます。

 

 

 

 

 

 

壊して、掴んで、運ぶ・・

 

 

見ているとその動きはとてもスムーズなのですが、実際にショベルカーは手と足を使って動かすこともあり、使いこなすのはとても難しいそうです。

 

免許を持っている節子ママ曰く、「ドラムに似ているかも!」とのこと。

 

頭で考え過ぎず、身体全体を使って動かすイメージ・・と言った感じでしょうか。

 

免許があっても、すぐには上手く動かせないようです。

 

 

 

 

 

またひとつ、職人技を現場で見ることができました!

今後も引き続き、こちらの現場もご紹介させて頂きます。

 

 

それでは、家周りのお困りごとは是非ご相談ください。

お待ちしています!

 

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

メールでのお問合せはコチラまで!夜間や休日も対応しています!

 

 

外構工事・リフォームについての詳しい内容についてはコチラもご覧ください!

 

 

≪スタッフ募集のお知らせ≫

 

現在、広沢建設(有)では現場スタッフを募集しております。

ご興味のある方はお問合せください。詳しくはコチラもご覧ください。

 

 

(お問合せはお電話にてお願い致します。)

ページトップへ

乗入れコンクリート工事2019.01.21

 

 

 

こんにちは。スタッフのアミです。今回は武豊町の現場の様子をお伝えします。

 

 

家屋の解体工事に引き続き、ご依頼を頂きました。ありがとうございます!

 

 

今回は雨水排水路設置工事と乗入れコンクリート工事の様子です。

 

 

以前は上の写真の様に、車が乗り入れる部分に平板コンクリートをお客様自身で置かれていました。

 

 

しかし車両の出し入れすることで段差ができる恐れがあることから、コンクリート工事をすることとなりました。

 

 

 

 

 

 

まずは雨水を排水しやすくするために新しいU字溝を設置します。

 

 

一枚目の写真で言うと、左下の部分です。元々はブロックが敷かれていました。

 

 

 

 

 

歩道用のグレーチングを上に置きます。これで排水対策ができました。

 

 

 

 

 

続いて、コンクリート工事です。

 

コンクリートを流す箇所にはコンクリートが流れ出てしまわないよう型枠を設置します。

 

 

 

 

コンクリートを流し入れる前です。

 

格子状になっているのはワイヤーメッシュと言います。コンクリートの強度を高める補強材になります。

 

 

 

 

 

トンボで均していきます。

 

キレイになっていく様子を見ていると毎回「気持ち良いな!」と思います。

 

 

 

 

均していると水分が上がってきて、表面がキラキラと光ってきます。

 

コンクリートが乾くまでのことなので、あまりお目にかかることのできない場面ですが、上の写真のように一瞬眩しいくらいになるのです。

 

 

完了した際はまたご紹介させて頂きます。

 

 

 

家周りのお困りごとは是非ご相談ください。

お待ちしています!

 

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

メールでのお問合せはコチラまで!夜間や休日も対応しています!

 

 

外構工事・リフォームについての詳しい内容についてはコチラもご覧ください!

 

 

≪スタッフ募集のお知らせ≫

 

現在、広沢建設(有)では現場スタッフを募集しております。

ご興味のある方はお問合せください。詳しくはコチラもご覧ください。

 

 

(お問合せはお電話にてお願い致します。)

 

ページトップへ

ひろけん新聞第八号できました!2019.01.18

 

 

こんにちは。スタッフのアミです。

 

3ケ月に一度、広沢建設()で発行している「ひろけん新聞」の第八号が出来ました!

 

 

広沢建設はもちろん、当社ある美浜町の飲食店や公共機関などにも置かせて頂いています。

 

 

 

第八号では解体工事をする際に出る建築廃材の再利用法などを紹介しています。

 

 

 

実際に廃材をお譲りした方からのお写真も見られますので、興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

それでは今週も現場の様子を紹介します。

 

 

こちらは以前ブログで紹介させて頂いた階段の修復工事の様子です。

 

 

海に下りる箇所の階段が風で吹き飛ばされてしまったので、元の位置に戻すことになりました。

 

と言うことで、アフターの写真です!

 

 

 

 

 

 

ガッシリと固定されました。これなら目の前の海の強風にも耐えられるでしょう!

 

 

 

 

こちらは土留めが破損してしまい、修復工事をすることになった場所です。

アフターがこちらになります。

 

 

 

 

壁が崩壊していた部分がしっかりと直されました。

 

 

昨年は台風などの影響で建物の一部が破損したりと、被害に遭われた方もいらっしゃったかと思います。

 

 

 

今年は自然災害の少ない年であって欲しいと願うばかりですが、建物の老朽化などでご心配のある方はお早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

こちらは前回紹介した築100年を越す古民家の解体工事の現場です。

 

タイルの山が見えますね。

 

 

 

 

こちらももう少しで工事が終わりそうです。

 

工事が完了したら、また改めて紹介させて頂きます。

 

 

それでは、家周りのお困りごとは是非ご相談ください。

お待ちしています!

 

 

 

広沢建設有限会社

0120-875-645

 

メールでのお問合せはコチラまで!夜間や休日も対応しています!

 

 

外構工事・リフォームについての詳しい内容についてはコチラもご覧ください!

 

 

≪スタッフ募集のお知らせ≫

 

現在、広沢建設(有)では現場スタッフを募集しております。

ご興味のある方はお問合せください。詳しくはコチラもご覧ください。

 

 

(お問合せはお電話にてお願い致します。)

ページトップへ

施工事例はこちら

料金表はこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ